ビビりな私の川崎市太田総合病院での緊急帝王切開出産の記録 その1

IMG_7145

夏樹です~!

私は、赤ちゃんが逆子のため、予定帝王切開をするはずでしたが、突如の破水によって緊急帝王切開になりました。

出産場所は、神奈川県の川崎駅の近くの「太田総合病院」です。

この記録が、これから出産で色々不安なあなたのお役に立てたら幸いです!

スポンサーリンク

突然の破水からの救急車

予定帝王切開の日から1週間前・・・。

ちょうど、妊婦健診の日で、妊婦健診では、逆子はなおってませんねーという話と、まだ子宮口ひらいてませんね~と言われて、そうか、じゃあ、来週の帝王切開がいよいよだな・・・!

と思いながら、帰り際にマクドナルドを食べてのんびり帰りました。

 

その夜のこと・・・

パソコンを操作していて、いつものおりものかな・・・?と思っていたら、ドババーっとあふれるように水が出て、床がびしょびしょになりました。痛みは全然ないけれど、破水から始まるお産もあると知っていたので、これは絶対に破水だ!!とわかり、慌てて、病院に電話。手が震えそうになる。

普通は救急車を使ってはいけないのですが(陣痛タクシーというのがあるので、そういうのを活用します)、病院の指示により、救急車を呼ぶことに!若干パニックだったのか、救急車の番号を忘れる(連絡先に救急車の番号も書いておくといいですね)。

そして夫へ連絡か救急車に連絡が先か迷って、仕事中の夫へ。

救急隊の人があとから状況を確認して連絡してくれるので、救急車が先でもいいですね。

 

その後、荷物がまだバラバラだったので、慌ててまとめて、保険証とか、手術の同意書とかを色々忘れてしまう(それでも大丈夫でしたが、いつ生まれるか分からないので、10ヶ月目に入ったらもう準備は万端!にしておくべきでした~

救急車に連絡から5分後くらい?

救急車が到着。自力で1階まで降りていき、1階でストレッチャーに乗せてもらう。

このあたりから、がたがたと全身が震えはじめる。寒いわけでも痛いわけでもなかったのだけれども・・・たぶん、怖かったのかちょっとパニックだったのかもしれません。もしくは、武者震い的なものかも・・・!

血圧をとられたり、体温を測ったりしながら、夫への連絡先や、どれくらい破水したのか、名前、電話番号、住所や、初めてのお産なのかどうかなどを聞かれます。意外とすぐに運ばれず、落ち着いて10分くらいその場にとどまっていたような感じでした。

 

スポンサーリンク

到着した病院にて、行われたこと

出発から10分ほどして・・・

病院に到着。救急隊の人はもちろんのこと、出迎えてくださった看護師さん(助産師さん?)も慣れた手つきでテキパキ。

妊婦健診の内診台のようなイスがある陣痛室へ行き、そのイスに寝かされます。

妊婦健診の後期でやったNST(ノンストレステスト)の時につけた、胎児の様子をはかる心電図をつけられて、いろいろ話を聞かれる。名前から状況、いつご飯を食べたかなど(マクドナルドと答えるのがちょっと恥ずかしかったです汗)

 

その間に以下のことが同時進行で進められました。

・点滴注射

ひじから手首までの間の部分に刺されますが、私は血管が細すぎて断念され、採決と同じ場所に刺されました。

昔は、手の甲に刺されてそれは小学生だったこともあり、すごく痛かった記憶があるのですが、これはどちらもそんなに痛みはなく、一瞬だけチクリという感じでした。

 

・剃毛(下の毛の処理)

これも色々調べた中で、痛い!!と言っている人がいましたが、普通に剃るのと何も変わらない感じで全然痛くないです~!

 

・ネームバンドの装着

患者名を間違えないようにするためのバンドを腕につけます。

髪みたいな素材で出来ていますが、濡れても大丈夫です。退院時までつけておきます。

 

・弾性ストッキングをはかせてもらう

引きしめるストッキング。術後は麻酔で足が動かせないため、血の塊ができやすい。それが肺とかに流れると肺血栓などになって危険なので、その予防目的。足がつりそうになるので、助けてもらいつつ。

 

・腹帯(手術用)

つけたようだがあまり記憶にないです。

執刀医の先生は・・・

色々進んでいる間に夫が来て、執刀医の先生が来てくださり、同意書を忘れてしまったため、色々説明し直していただくことに。

急ぎのはずなのに丁寧に説明して頂き、それがなんとなく、安心できました。年齢は30代くらいな、物静かそうな男の先生でした。

 

看護師さん(助産師さん?)は、元気な人と、元気な人の後輩にあたるような感じの物静かな人、2人がかりで準備です。元気な人のテンションは、私の好きな歌手・声優の水樹奈々のテンションに似ていて、プロをうかがわせる感じで、こちらも元気になれました。

 

浣腸をされるのがいやだなあと思っていましたが、もうお産は始まっているからか、されずでした。(いちおうお通じは出たか聞かれたけれど、良く答えないまま、そのまま流されました)

 

浣腸はいろいろ調べたところによると、する病院としない病院があります。

太田総合は、普通分娩だとしないですが、帝王切開だとするようで、手術の流れの表に書いてありました。

そしてもしするとしても、痛いのは液を入れる時ではなくて、もよおしたときのお腹の痛みのようです。もよおしながらも液が腸の中をめぐるように、10分くらい我慢しないといけないのがきついようです。

 

⇒次の記事では、いよいよいざ手術室へ!

 

スポンサーリンク

関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

IMG_0653

日帰り秘境!東京神奈川近郊の自然の名所等々力渓谷を混雑なしで散歩してみました。

都会に住んでいると、心がだんだん荒んでいくのがわかる。人の波にイライラして。満員電車で目を閉じて。見たくないもの聞きたくないものばかり。だか…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る