豊かで幸せな生活は、細部に宿る

コスモスとクローバー

子供が生まれてから、なぜかとても静かな生活だ・・・と思うことが増えました。

おかしいですよね。子供は四六時中泣いているのに、静かだと思うなんて・・・・

 

でも、子供が泣くからこそ、気付くことがありました。

ギャーーとなきわめいていたけれど、お腹がいっぱいになって、ぐっすり寝ている時間。その間の時間は、泣いていた時間があったぶん、しんと静かに感じるのです。

今まではそれがあたりまえだったから、特別何も思わなかったけれど・・・・

 

たとえば、昼間にゆっくり散歩に出ること。

私はとても出不精なので、昼間に外に出るなんてことはしませんでした。

でも息子がなにしても泣き止まない時、ベビーカーに乗せて散歩するとすうすう寝ます。だから散歩に出るのですが・・・そうしたら、いつの間にか春が訪れていて、桜が吹雪いていたことに気付いたり。

青空がひろがり、暖かな風が吹く太陽の下で、ゆっくり缶コーヒーでも飲みながら、手帖を開いて、文章を書いたり・・・。

 

そんな生活は、いままでも、やろうと思ったら出来ることだし、感じることが出来たものでした。

だけど、いつでもできることって、なかなかやらないですよね。

学生時代に京都に住んでいた時、これでいつでも世界遺産の神社に行ける~!と思っていたけれど、いざ住んだらいつでも行けるから、また今度でいっか!となり、全然行かないのです・・・!

 

それを、息子が泣くから行く・・・

泣くから行かないといけない、いるからこそしなければいけないことなども増えましたが、でもだからこそ、出来ること、気付くことがあり・・・

 

日々出来ることが増えていく息子を見ても・・・

当たり前のことなど何もないのだなと・・・そんなことに気付ける毎日を、息子が運んできてくれました。

そんな毎日です。

関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

IMG_2377

徒歩で古都の夜景を一望しませんか。京都の大文字山が穴場スポットすぎでした

京都観光は、夜景を見るのがおすすめ、と言ったらびっくりですか? しかも場所は、大文字山から!あの五山の送り火で有名な大文字山、そこを上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る