0歳9ヶ月の赤ちゃんと初海外旅行はフィリピン!旅するのにおすすめは

IMG_4496

家族と旅で幸せになるナビゲーターの夏樹です!

0歳9ヶ月の赤ちゃんと一緒に、フィリピンに行ってきました!!!息子はじめての海外旅行がフィリピン笑

厳格な父には絶対に言えません~~!!

※この記事は作成中です。

フィリピンで治安面の心配は?

子連れ、しかも赤ちゃん連れとなると、気になるのは安全面ですよね。

まず、フィリピンは治安は良い場所と悪い場所が別れます。有名なセブですと、スラム街みたいなところと、普通の日本のイオンみたいなところがごちゃ混ぜになっているような場所でした。

夜は歩かない方がいいですね。赤ちゃん連れですし、リゾート地みたいなところで過ごされるのがいいかなと思います。

 

マニラはイメージ通りやばい地域です苦笑

地元民もあまり近寄らないようです。マニラはやめたほうがいいです。

 

セブから飛行機で1時間の、ドゥマゲッティという街ですと、普通に夜も1人で歩けるような場所だったので、歩き回るのであればドゥマゲッティはおすすめでした。

ドゥマゲッティについては、詳しくはこちらの方のブログを参考にしました。

衛生面や病気の心配について

*デング熱や麻疹、狂犬病などが流行っている

気になる衛生面については、外務省の情報を調べていくといいですが、その中でも赤ちゃんに関係しそうなのが、「デング熱」「麻疹」「狂犬病」です。

狂犬病については、街中にけっこう犬がいて、犬好きだけれどもちょっと怖いなと思ったのですが、フィリピンの方は、普通に日本で猫に遭遇するみたいな感じの対応でした。

全ての犬が狂犬病ということはもちろんないですし、狂犬病にかかるとすぐ死んでしまうようです。なので、過度に怖がる必要はないなと思いましたが、赤ちゃんはそもそも犬にかまれたら危険なので、近寄らない方がいいですね。

 

麻疹については、日本でも聞きますね。これは本来予防接種で防げるものであり、1歳の誕生日すぐに受けるのがいいと言われています。

じゃあ0歳児はどうなのか?というと、お母さんに免疫があった場合、6ヶ月まで免疫が持つと言われています。じゃあなぜ1歳から?というと、6ヶ月と言われているけれど、その差はまちまちなので、しっかり免疫が消えるとされる1歳までに予防接種してしまうと、ちゃんと免疫がつかないから・・・とのこと。

 

だけど、生後6ヶ月からなら、任意(保険適用外)で受けることもできます!!

私の場合、9ヶ月の赤ちゃんは微妙なのと、私自身が麻疹をしっかり免疫が付いている保証がなかったこともあり・・・念には念を入れて、任意のMRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン:約1万円)を子供に打ってもらいました。(病院によっては9ヶ月からと言われました。行くギリギリで9ヶ月だったので、私は違う病院に行きました)

麻疹だけで良かったのですが、今は混合しか置いていないようです。

 

副作用もあるものなのでそこは心配でしたが、うちの息子の場合、0歳児が受けても特に何もありませんでした。あんまり痛くもなかったようで、泣きもしませんでした。(これは私も先に受けましたが、確かに痛くなかったです)

 

一番危険視したのが「デング熱」です。

狂犬病は近寄らないこともできる、麻疹も予防接種がある。だけどデング熱は、菌をもった蚊からの感染なので、向こうから近寄ってきますね。

ということで、ここは対策を万全にすることにしました。

 

対策その1 虫よけ

普通の虫よけは赤ちゃんには使えません!!!

ものすごく調べて、以下の2つの虫よけを使うことにしました。

 

 

こちらはちょっと強めのやつです。1日1回と決まっていますので何度も使えませんが、その分強力です。万が一の保険として持って行きました。

 

結果としては、上の方のやつで効き目はなかなかでした。

塗っている間は、一度も刺されませんでした。

 

対策その2 長袖長ズボン

虫よけしてても刺されるときは刺されるだろうと思い、万全にということでやはり長袖長ズボンで行くのがいいかなと思って買ったのですが、フィリピンは常夏の島です。

暑いです。30度くらいなので、日本の35度とかそういうレベルじゃないですが、長そで長ズボンはやはり暑い・・・

ほとんど半袖でした。長ズボンくらいは意味があるかと思います。

 

対策その3 ベビーカーに蚊よけ

これが一番大活躍しました~!ベビーカーにつける蚊よけがあるんですよ!!!

西松屋で買ったこちらです!!

 

ほんとこれさまさまでした~!!

おかげで散歩している間とかは何も気にせず過ごせました。

 

*救急車がなかなか来ない

日本みたいにすぐに救急車が来てくれません。

なので、いざというときの緊急相談が出来るような保険に入っておくのはいいなと思いました。

私が選んだ保険についてはこちらに書きました。

 

以上を踏まえて

・あんまり移動しなくても楽しめる

・蚊とかの心配がそれほどない(しっかりした安全面)

・いざというときに病気など相談できる場所

赤ちゃん連れで楽しめる!セブのおすすめホテル

おすすめはこちらです!!

 

地球の歩き方にも載っていました。

なので日本人の方もけっこういらっしゃり、ホテルの方も、日本人がいらっしゃいました。なので安心感もかなりあります。

また、バトラー(執事)を呼べるサービスがあって、そこに病気の時の相談窓口などもあって、それも安心でした。

 

デメリットは、ここに滞在するだけだとフィリピン感はそれほど無い感じなので、ここに滞在しつつドゥマゲッティに行ってみたりなどはいいですね。

関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

生野銀山 画像

洞窟探検がおすすめな生野銀山!雨でも観光できる兵庫の穴場スポットとは

洞窟。 それは、開発し尽くされた現代社会であっても、残された冒険の地。 ときめきの場所。 その中でも、とりわけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る