巨大迷路大人向けで迷走!面白い関東遊び場パラディアムの体験口コミ

パラディアム一部

東京付近から行ける面白い遊び場発見っ!

大人だって、たまには思いっきり迷いたい!!

大人になると、体も大きくなるし、色々余計なことを考えるので、その辺にある迷路では、ゴールが見えてしまうのでがっかり。迷路や身長によっては、全体像が見えてしまうので、目でたどればゴールについてしまう。

 

子供の頃、絵に描かれた、誰でも描ける平凡な迷路を小さな手で辿って、たどり着けたときのあの喜び。鏡でできた迷路ではしゃいで走り回って、思いっきり鏡に激突して泣きわめいたあの日。遊園地の中にあるささやかな垣根で出来た迷路を、まるで二度ともどってこれない異次元のように感じた恐怖と、好奇心による胸の高鳴り。

 

ほんとうにちいさなことで喜べたし、楽しかったし、怖かったし、どきどきした。小さなころの想い出はなぜだか色褪せなくて、真っ青な空に入道雲。蝉の鳴き声。川の水の音。

 

大人になった私たちはどうだろう?最近なにかに感動しただろうか?

 

でも、大人だってむきになって楽しめる迷路があったんです。

それが、栃木県にある「巨大迷路 パラディアム」です。

スポンサーリンク

誰でも見た目であなどるけれど

迷路の面積は、おおよそ50m×70mで、2mの高さの板壁が視界を遮っています。50m×70mって、あんまりイメージつきませんが、けっこう大きそう、と思いますよね。

 

しかし、実際に行ってみてちょっとがっくりきました。想像と違ったんです。

こんなの

パラディアム一部

 

うーん・・・・思ったより小さいし、なんかちゃっちそう(超失礼

 

まあ、そんなものですよね。

 

 

と思い、受付で説明を受けました。

迷路の4つ角には、それぞれスタンプが置いてあって、どの順番でめぐっても構わないので、全てのスタンプを集め終えてからが、正規のゴールになるそうです。全てのスタンプを集めて、20分以内にゴールにたどりついたら、ジュース1本もらえるというお話を聞きました。

 

20分????

 

 

いやいや20分もあれば十分過ぎる。

こんな子供だましの迷路で20分もかかるなんてありえない。

 

 

しかも、写真を見て頂けるとわかりやすいかと思いますが、迷路の中に高台があって、そこから見下ろせるんです。目でたどればすぐわかるし!!!!

 

 

まったく・・・・おとなになるってかなしいですね・・・。

 

 

 

そんなことを思いながら、突入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果:45分かかりましたてへ☆

いまこいつばかだろって思いました?!

そうでしょうともそうでしょうとも、わたしだって20分も必要ないだろってばかにしてたんですから。

 

タイムカードになっているので、入り口でがちゃっと押し、スタート。ずるは出来ません。

最初の1つ目はあっさりとスタンプゲットしました。やはり、この程度か。

 

最初は、高台から見たらつまらないし、と思って高台は極力使わないようにしよう・・・って思っていました。でも、いやいやそもそも高台になかなかたどり着かない。

なんども高台のそばを行ったり来たり。目と鼻の先に見えているのに、どうして行けないの?!

 

やっと高台にたどり着き、うえからドヤ顔で見下ろす私。

しかし。

あれ?なんじゃこれ。板がうじゃうじゃしすぎて、たどっているうちに、どこがどこだかわからなくなっていきます。

 

 

子供の頃に比べるとガタがきている記憶力を総動員し、再度迷路に突入。

よっしゃああああいけるぞおおおおお

 

 

 

 

 

 

行き止まり

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちだあああああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行き止まり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきこことおおったあああああこっちだああああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行き止まり!!!!!!!

 

 

 

ふざけんな欠陥してるよ?!わたしはブラックホールにはいっちゃったんじゃないかな?!

異次元かな???みんなやばいところに入っちゃってるよ!!!!もう四隅のスタンプラリーとかいいからゴールどこおおおおおおおおお

 

※そして最初に戻る

 

スポンサーリンク

 

競争しました

実は2人で挑戦しました。最初は一緒に回る予定だったのですが、入り口付近で意見の対立。「こっちだ」「いやこっちだ」2人は違う方向へと進んでいきましたとさ。

 

相手は理系バカです。

文系バカである私は確かに苦しんでいましたが、頭でっかちの理系なんぞに負けるはずがないと思っていました。まあ、記憶力だったらきっと私の方が上だし。方向音痴で絶対に行きたい方向とは逆走するわたしだけど、ゲームの中だったら洞窟の中で迷ったりしないし(根拠ゼロ

 

そして、2つ目のスタンプもとれたし、全然はち合わないので、きっとまだ最初の方でうろついているんだろうな、ふへへ先に出てやるぜと思っていました。

 

 

しかし。わたしは板の隙間から外を見てしまったのです。

理系バカが涼しそうな顔でつまらなそうにスマホをいじっているのを!!!!!

 

 

 

なん・・・・・・・だと・・・・・・?!?!?!!まさか・・・・え?もうでたの?え?どこから?すきま?すきまでしょ?そしてそのくつろいだ様子はなんだあああああああああ!!!!!

 

 

 

そこからがもう焦りのループ。焦れば焦る程道がわからなくなっていく。

それこそもう泣きたくなるレベル。なんでわたし出られないんだろう?なんで?なんであの理系バカはさっさと出たのに・・・・どうしてわたしは・・・・・

 

 

なんども投げやりになりながら(なにしてんだ)、途中で諦めようかとも思いながら(ゴールには途中でたどり着きましたが、その時点でまだスタンプ2コ)、何度も何度も行き止まりに阻まれ、同じ道をぐるぐるし、それでも立ち上がりながら(何この展開)、そうしてようやっと出られました。

 

 

結果:

左:理系バカ 右:文系バカ(わたし

IMG_1035

22分????やつはたった22分で出たというのか?!わたしとまさかの23分差?!!!!ジュース1本分?!!

※スタンプは、私は間違って裏に押しちゃいました。ちゃんと回ったよ!!!!

大人げない攻略法

ちなみに、私を打ち負かしたやつが何をしたかというと・・・・平面上に作られた迷路であれば、どんな迷路でもゴールにたどり着けるとある方法を使ったんです。

 

それは、

 

ひたすら片側の壁をたどる

 

という方法です。

迷路はどちらか片側の壁をつなげると、一枚になるんだそう。どこかで途切れたりしないので、片側だけをひたすらたどっていけば、必然的にすべての道を通ることになり、迷うことなくゴールにたどり着けるんだそうです。

 

結果、そやつは22分とかなり惜しい結果で脱出しました。

しかし、わたしはいいたい

 

 

 

 

 

 

 

迷いに来たんじゃないのかよ!!!!!(`д´)ゴルァァァァァ

 

 

 

 

負けて悔しいとか思ってないんだから!!!

パラディアムへの詳細・アクセス

〇アクセス

巨大迷路パラディアム

東京駅からは、車で高速使って2時間ちょっとです。この迷路のためだけに行ってもいいと思いますが(実際わたしはそうでした)、東京駅からパラディアムまでの間に、「足利フラワーパーク」もありますので、まとめて観光しても良いと思います。

〇料金

大人:800円

子供:500円

この値段の価値は十分にあります。ぜひともお友達、恋人、ご家族と一緒に競争してみてください!だんだんむきになっていって、さらに童心にかえれておすすめです。

 

〇その他参考になるサイト

じゃらん

http://www.jalan.net/kankou/spt_09383cc3540060321/

さらに、他にもいいかんじに写真が撮られていて、説明されているサイトを発見しましたので、載せておきます。

http://kozaru98.fc2web.com/kouen/totigi/palladium/palladium.htm

いいなあ。

私も真面目に撮影しとくんだった。

負けた悔しさでいじけてたからそれどころじゃなかった。こどもか。

迷路に夢中になりすぎて撮るの忘れちゃった♡

 

いやあ、久しぶりにこんなにむきになれた気がします。

 

<関東付近で、童心に戻りたいなら!>

どうくつにはいる?

沖ノ島 千葉県「沖ノ島」へ首都圏でプチ冒険に出かけよう。

 

そらをとぶ?

関東で空を飛ぶ方法。おすすめ場所は?

 

ぎざぎざする?

鋸山ハイキング登山おすすめコースのアクセスと無料駐車場

 

神隠しする?

面白い駅旅!神奈川県の廃墟みたいな古くてレトロな秘境駅に行ってみました。

スポンサーリンク

関連記事







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

Exif_JPEG_PICTURE

【隠れ家】安い!大人数旅行で宿泊できる貸切宿・古民家おすすめまとめ

大人になったら、みんなで旅行するなんてなかなか出来ませんよね。あっても行きたくもない社員旅行だし。 だからこそ、たまに集まることが出来…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る