3DSとwiiで泣けるストーリーと音楽!神ゲーRPGの名前はゼノブレイド

IMG_0041

by:ゼノブレイドゲーム画面

私は、ゲームをするとき、やり込み要素をほとんどしません。私がゲームをする目的は、物語、ストーリーを見るためだからです。

でもある一つのゲームを覗いては・・・・。

 

それが今回、ご紹介するおすすめRPG、「ゼノブレイド」です。

何がおすすめポイント??

全部と言いたいのですが、あえて言うならば!

 

 

ストーリー×音楽×映像

この全てが調和して、読み進めたいけれど、読み進めたくない。終わって欲しくないから、思わず回り道をしてしまう。

そんな神と呼ぶに相応しいゲームです。

スポンサーリンク

 

その世界は神の領域

世界観は、ちょっと特殊です。

巨神と機神。

二柱の神が争い、相討ちになって、動かなくなった後の世界。

二つの神の骸を苗床に、草木は生え、命が芽吹いていた。

 

巨神界に生きる、「ホムス」と呼ばれる人種族。

そして、機神界に生きる、「機神兵」

機神界での機神兵たちは、なぜか、巨神界に侵攻し、巨神界と機神界では、争いが絶えなかった。

 

そしてその争いを鎮火させた、1つの戦いがある。

物語は、そこから始まる・・・・・。

かなしみから、主人公たちは旅に出る

最初は、穏やかな世界から始まります。閉鎖的な環境ながらも、人々は物を売り買いしながら、活気のある世界を築いています。

ずっとこんな世界が続くと思っていた・・・・・

 

でもある日、その平和は打ち砕かれます。

そうして旅に出ざるを得なかった主人公たちは、世界の真実へと、だんだんと進んでいきます。

旅を彩る音楽と世界観

何もおっしゃらず、オープニング音楽を聴いてみてください。

音楽を聴いてみる(公式HPへ)

※パソコンからのみで聴けます。

※音楽が流れます、音量にご注意ください

 

思わずゲーム画面でとまってしまうほどの切ない雰囲気の音楽です。

そんな珠玉の音楽たちが、旅のあちこちに散りばめられています。

 

そんな音楽を聴きながら、壮大に、でも繊細に広がったマップの中を、どこへでも行けるようになるのです。

zeno

zenob

出典:http://www.nintendo.co.jp/

上のゲーム画面のように、広大な平地の中にも、洞窟があったり、大地を見下ろせる高台への隠し通路があったり。

下のゲーム画面は、細かいですよね。その細かさの中に、1つ1つ丁寧に、世界が描かれています。

 

そのどこにでも、私たちはキャラクターを通して行くことが出来るのです。

 

ファンタジーの世界に行くことは出来ない。

異次元の世界に行くことは出来ません。

 

でも、ゼノブレイドなら。生まれ変わっても見る事ができないような世界を、自由に歩き回れて、探検できます。探検した先に、何が見えるのだろう、何が待っているのだろうと、心をときめかせながら。

 

 

そして、あちこちにキャラクター同士と会話できるサイドストーリーまで、散りばめらています。

冒険する気持ちで新しい世界を発見できて、さらに、ご褒美とも言わんばかりの物語まで用意してくれる。

 

 

もう・・・なんなんでしょうか。怒りますよ。

スポンサーリンク

思わず泣いてしまうのは、キャラクターがあるから

どんなにストーリー形式が素晴らしいものであろうとも、キャラクターに感情移入できなければ、ストーリーは神にはならない。

でもゼノブレイドは、キャラクターも素晴らしいです。

フルボイスでぬるぬる動きますし、男性女性ともにイケメン過ぎますし。

 

しかも、プレイの方法、戦闘内容によって、だんだんとキャラクター同士が絆を深めていくシステムを採用しています。

絆が深まれば深まる程、プレイ中にお互いに掛け合う掛け声、会話が、変化していくのです。

 

最初からお互いのことを、完璧に理解し合う仲間なんていません。

でも、ゲームの世界でキャラクターが独立し、それぞれが絆を深めていく。そんな場面をえがくのは、とても難しいです。

ましてや、AさんとBさんは仲がいいけど、AさんとCさんは仲があまりよくなくてよそよそしい。そんなリアリティを追求するのは、大変です。どれだけ会話が必要なんだと。キャラクターが増えればなおのことです。

 

でも、ゼノブレイドは、システムを取り入れて、戦闘での会話をすることによって、だんだんと深まっていく絆を、疑似体験することができるのです。

それぞれの人生が、ひとつの物語

さらには、街の人との絆を深めていくシステムも導入されています。

絆の度合いによってイベントもどんどん変化していくのです。

 

いったいどれだけの物語が入れ込まれているのかと。

制作陣の、とてつもない質量のエネルギーを感じます。

 

ゆっくり、時間をかけて、何度も何度も、同じフィールドをいったりきたり、でもそのたびに、新しい発見がある。

リアル世界で街ゆくひとたち、1人1人に個別の人生があるように。

ゼノブレイドの中の世界にも、街の人ひとりひとりに、人生があります。物語があります。

 

その全てを見てみたい。

全ての世界を解き明かしてみたい。

未だ、誰も踏み入れたことのない前人未到の秘境へと行ってみたい。

 

そしてそのすべてが、意味のある物語と、美麗すぎる音楽の中で紡がれていく。

そこに感動が生まれないのだとしたら、もうゲームなんていりません。

 

Xenoblade ゼノブレイドはこちら

wiiだけではなく、Newニンテンドー3DS版ゼノブレイドもあります。

 

<ゼノブレイド好きな私がおすすめする珠玉のRPG>

機種は問いませんよ!

〇Wiiなら

廃墟探索したい!でも怖くて出来ないならフラジールさよなら月の廃墟

ゲーム性には問題がありますが、なぜだか、つらくなるくらい、忘れられない風景を見ました。

〇スーファミなら

レトロゲームの名作!おすすめソフトはSFC2人同時プレイRPGゴエモン3

思い出補正もあり、これを超える名作は出ません!

〇パソコンフリーゲームなら

伝説のPCレトロアクションフリーゲーム「洞窟物語」懐かしい音楽と悲しい物語。

無料なのに。この物語ほど、美しく複数回プレイできるゲームは無い!

フリーゲーム界の伝説的アクションRPG

スポンサーリンク

関連記事







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

生野銀山 画像

洞窟探検がおすすめな生野銀山!雨でも観光できる兵庫の穴場スポットとは

洞窟。 それは、開発し尽くされた現代社会であっても、残された冒険の地。 ときめきの場所。 その中でも、とりわけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る