水樹奈々ハンガーゲーム3FINALレジスタンス。大雑把ネタバレあらすじ

水樹奈々さんが吹き替えで主人公カットニスの声を演じる、ハンガーゲーム第一弾のネタバレおおざっぱあらすじです。

ネタバレだけど、大雑把なので、映画を後から見ても楽しめる仕様です。

ハンガーゲーム1のあらすじはこちら

ハンガーゲーム2のあらすじはこちら

ハンガーゲーム4完結編の映画見る前の記事はこちら

ハンガーゲーム4完結編映画観たあとの感想はこちら

以下ネタバレを含みます

 

 

スポンサーリンク

助けられた先は、滅びたはずの第13地区

カットニスを第75回ハンガーゲーム会場から助け出したのは、独裁国家パネムの在り方に疑問を抱き反乱を企てる人々だった。

そして連れて行かれた場所は、なんと滅ぼされたはずの13地区。

もともとハンガーゲームは、13地区の反乱があったために、見せしめ、生贄としてはじめられたものだった。

 

そこで首相としてトップに立つのがコイン。

そして、補佐、ブレインとして活動していたのが、第75回ハンガーゲームのゲームメーカー(その時のゲームを考案、動かす人)であるプルタークだった。75回のゲームメーカーだったために、どさくさに紛れてカットニスを救うことが出来たのだった。

 

捕らわれのピータ

カットニスが助け出されたのは、ハンガーゲームを通して、革命の象徴になっていたからだった。

シンボル的な存在から、買う久米井郡のシンボル「マネシカケス」から、「マネシカケスの少女」と呼ばれ、PRのための宣伝として利用されるようになっていくカットニス。

 

一方ピータは救いだすことができず、命があるかもわからない状況・・・・。

そんな中、独裁者スノー大統領からの宣伝が入る。

そこにうつっていたのは、なんとピータだった。ピータは、反乱を考えることをやめるように言い、カットニスに対しても訴える。

革命軍からは、ピータは寝返ったという憤りの声が聞こえ始める。

 

そして最悪の事態が・・・・

しかしピータは寝返ったわけではなかった。

だんだんと衰弱していくのが見てとれ、おそらく暴行を加えられ、洗脳されているのではないか、言わされているのではないかと疑うカットニス。

そのため、カットニスの幼馴染のゲイルたちによって、なんとかピータたちハンガーゲームの参加者を救い出す。

 

救い出すところをスノー大統領に見つかってしまったが、なんとか全員無事に帰還。

ところがピータは、カットニスのことを憎むべき相手、殺すべき人間だというふうに洗脳されてしまっていた。

カットニスを殺そうと首をしめてしまうピータ。

このままもう思い出は戻らないか・・・・・。

 

憤りを隠せなくなったカットニスは、革命軍に参加し、スノー大統領に復習することを誓う。

 

ハンガーゲーム1のあらすじはこちら

ハンガーゲーム2のあらすじはこちら

ハンガーゲーム4完結編の映画見る前の記事はこちら

ハンガーゲーム4完結編映画観たあとの感想はこちら

スポンサーリンク


関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

IMG_1255

千葉県「沖ノ島」へ首都圏でプチ冒険に出かけよう。詳細とアクセス

首都圏でちょっとした冒険に出かけたいのなら、千葉県にある「沖ノ島」がお勧めです。 首都圏とは思えない澄んだ海水 私の実家は宮崎です。かつ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る