20話アニメ荒川弘アルスラーン戦記の感想。あらすじとネタバレ

arusura-nnsennki

出典:http://www.arslan.jp/story/index.html

 

アルスラーン戦記、毎週いい感じに進んでいきますね!!

一体何話まで放送してくれるのでしょうか・・・・・!!永遠にお願いします!

オイ!(っ´∀`):。+・’.Σ≡っ)д゚)ブフォ

 

以下、アニメ20話までのネタバレを含みます!!!!ご注意をば!

 

スポンサーリンク

 

 

 

20話ネタバレあらすじ

ルシタニアから王都を奪還し、新しい政治を始めるため、

王太子アルスラーンは、

「ルシタニア追討令」と「奴隷制度廃止令」を下し、諸国の兵を集うよう命じた。

 

呼びかけに答え、国を取り返すため、また、武勲をあげるために、

我先にとアルスラーンのもとに駆けつける諸侯の騎士たち。

 

今までは5人という人数、

そして何のしがらみもなく、アルスラーンの王の器を見て仕えていた者たちだけで、戦い抜いてきた。

 

しかし、従える兵士の数が増えたために、一枚岩ではなくなってしまう。

それぞれの思惑が交差し、現在の地位に不平不満を抱いた者たちが、

ジャスワントを目の敵として、時々いさかいを起こしていた。

 

そんな状況を見かねたナルサスは、騎士たちの中で最も古株である

「ルーシャン」という男をナルサスの地位につけることにする。

ルーシャンを迎え、新しいメンバーで動くことになったアルスラーン達。

 

そこでナルサスは、今後の方針についての意思をアルスラーンに問う。

「伝家はこれからヒルメス王子を退け、王位につかねばならない

その覚悟がございますか?」

アルスラーンは、自分の生い立ちのこともあり、その覚悟をすぐには示すことができなかった。

しかし、王位やアルスラーンの目指している物は人に譲れるほど安いものか・・・・。

アルスラーンは覚悟を決める必要があった。

 

 

そんな悩みを抱えたアルスラーンは、ある夜、1人の女性に出会う。

それは実は、かつて、パルス王都に奴隷として連れてこられて、

アルスラーンを連れまわして逃げ出した「エトワール」だった。

 

実はエトワールは女性だったのだ。

アルスラーンは気付かず、エトワールもアルスラーンが王太子だとは気付かない。

しかし、エトワールはアルスラーンと話した過去を思い出していた。

 

エトワールと共に話す中で、エトワールは再び、アルスラーンに道を示す。

国と民の為を考えての行動に、出自など関係ない。それはとても尊いことだ。

この言葉により、アルスラーンは、王として国を引っ張っていく覚悟を決め、再びアルスラーンとエトワールは別れを告げた。

 

 

戦場で会わないことを祈りながら。

 

 

スポンサーリンク

エトワールの存在

かつて奴隷という常識が非常識である世界を見せたエトワール。

エトワールは、アルスラーンにとって特別な存在になっているようですね。

このまま妃展開とかありえるんじゃないでしょうか・・・・!!

 

いや・・・・・

殿下はダリューンのものです!!!!

みんなのものです。

 

それにしても、アルスラーンが覚悟を決めて進むにつれて、

アルスラーンに向けて膝を折り忠誠を誓う騎士たちの姿もまた、凛々しくなっていきます。

 

最後、静かに片膝をつく騎士たちを見ると、

なんか・・・・その・・・・・

腐った過去を思い出しそうで怖いです。

 

アルスラーン戦記20話の感想まとめ

・エトワールは美人

・腐る前に妄想を冷凍しよう

以上でした!!!

 

スポンサーリンク


関連記事







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

生野銀山 画像

洞窟探検がおすすめな生野銀山!雨でも観光できる兵庫の穴場スポットとは

洞窟。 それは、開発し尽くされた現代社会であっても、残された冒険の地。 ときめきの場所。 その中でも、とりわけ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る