日光東照宮付近の観光の紅葉見どころは?いろは坂渋滞越えて竜頭の滝

Exif_JPEG_PICTURE

奥日光。それは、日光東照宮がある山の中の秘境・・・・。

でも、見どころは、日光東照宮だけではありません!!紅葉の時期は超絶渋滞しますが、「いろは坂」を越えた先にある「竜頭の滝」も、壮観でした。

 

スポンサーリンク

日光東照宮を通り過ぎた先へ

Exif_JPEG_PICTURE

日光東照宮も、さぞや紅葉がきれいなんだろうなあ、と思って行ったら、杉の木が多いので、紅葉はそんなに見られませんでした。

でも、日光東照宮を通り過ぎていくと、だんだん秋が深まっていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

10月中旬、まだまだ温かいというのに、もうこの辺は紅葉が見頃レベルです。

標高が高いので、季節の進みが早いのですね。日光東照宮の入り口付近には、ここはスカイツリーと同じ高さですという看板があるので、「634m」もあります。

でも、さらにここから、竜頭の滝に向けて、登って行きました。

 

標高1355m地点から流れる竜頭の滝

着きました!!

いろは坂の超絶渋滞のせいで、14時くらいに日光東照宮を出発したにもかかわらず、竜頭の滝に着いたのは、16時!!普段は35分で行ける距離なのに・・・・。

紅葉の時期は平日すらも混むようです。

しかも、日光東照宮から「竜頭の滝」に向かうには、このいろは坂を通るしか道がありません。

 

遅々として進まぬ渋滞にうぬおおおおおってなっていましたが、着いてからどうでもよくなりました。

 

どん!!!

Exif_JPEG_PICTURE

夕日を浴びて、色鮮やかに燃える木々が、秋色の虹のようにきらめています。

 

肝心の竜頭の滝は・・・

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

頂上から見た図

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

なんと標高1000m超えてます!!
通りで紅葉が早いわけです。

そして息がきれるわけです。

運動不足じゃないですよ。メタボじゃないですよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

下の真正面からみた図

 

スポンサーリンク

竜頭の滝、その名前の由来は?

Exif_JPEG_PICTURE

これです!!

もうちょっと近づいてみましょう

Exif_JPEG_PICTURE

ずずずずん

どうですか??見えてきませんか?

竜の頭に!!!

 

私には、けっこう老齢な、穏やかそうな竜の横顔に見えます。

時々目を開けて、にこにこしながら写真を撮る観光客たちを、横目で見て、また何事もなかったように、眠りにつく。

そんな今にも動き出しそうな造形でした。

 

竜頭の滝 アクセス・詳細

竜等の滝 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠

いろは坂は、行きも帰りもコミコミなので、余裕を持っていかれると良いと思います。

それから、右車線は左車線よりもすいすい進みますが、いずれ展望台の「明智平」に吸い込まれます。

最初は右車線で走って、あとから看板が出てくるので、そこで左に車線変更することをおすすめします。

 

渋滞の原因は、山の終わりの信号と、この明智平で1車線になってしまうことだと思われました。

 

写真じゃこの感動10%も伝えきれない

宮崎の関之尾の滝を書いた時も思いましたが、ぜんぜん滝の臨場感が撮影できませんでした!!!

絶対に目で見る価値はあるので、渋滞を越えてでも、訪れてみてくださいませ。

そして老竜の穏やかな姿に、見惚れてみてくださいませ。

 

スポンサーリンク


関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

Exif_JPEG_PICTURE

静岡のきれいな川に泳ぎに行こう!川遊び&飛び込みスポット!

かなかなかな。 蝉の鳴く声が静かに森に吸い込まれる。 蒸しかえるような暑さの中に、水のせせらぎと、水のにおいがする。 滝の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る