窓の向こうは別世界。京都で美しい庭園をのんびり見るならおすすめは瑠璃光院

img_0200

京都で有名な庭と言えば・・・・真っ白な砂利が敷き詰められ、石が置いてある龍安寺とかかな?

でも、それ以外にも、実はあったのです。京都府民さえも知らない、ひっそりとした庭・・・・。そのあまりに美しさに、・・・・しばらく、立ちつくしてしまうほど・・・・。

静寂の中にただひたすらに、美しいその景色は。

 

あなたにもぜひ、行って頂きたいです。「瑠璃光院」です。

スポンサーリンク

 

入り口から魅了される

瑠璃光院。なんだか不思議な名前のところですよね。

ちょっと京都の外れの、ひっそりとした場所にありました。今回行ったのは、秋です。

 

入ってすぐのところにある庭です。

img_0233

光が、絶妙なバランスでさしてきて、苔むした土を優しく照らしています。

img_0237

緑と光の中に、映える赤い色の鯉です。庭の池ってにごっていることが多いですが、この瑠璃光院は、清流のように透きとおっていました。

おかげで、水の中をゆったりゆらめく鯉の姿が、鮮やかに見えました。

知る人ぞ知る、窓の世界

そして、肝心の瑠璃光院の建物の中は・・・・!

img_0302

img_0270

 

この写真は、美しさが100分の1も伝わらないのですが・・・・!

静けさの中に、緑のざわめきが聞こえて。その緑色が、そばにある机の上に映るほどあざやかなんです。

img_0285

畳の部屋も好きですが、つるつるした板の床も好きなんですよね~~

ささくれだつ心配のない、ひんやりした床の上を歩くと、自然と背筋が伸びる心持ちです。

 

ほかにも、切り取られた窓の世界が。

img_0354

img_0372

窓があるだけでも、こんなに違う世界が見えるのだと知らせる。

障子で隠れているところには、どんな景色があるのだろうと思わせる。

狭くても、小さくてもいい。

きらびやかでなくても、にぎやかでなくてもいいから――――

 

ほんとうに美しいです。シャッターを切りながら、ため息が、出ました。

どうして、この美しさを、東京は、都会は。忘れてしまったのだろうかと・・・・時々、思うのです。

そんなに高いビルを建てなくても。そんなに、広さや大きさを求めなくても。ネオンの明かりみたいに、目がちかちかするような派手なものを出さなくても。

 

ただ、沈黙があればそれでいい。

そんなふうに思わせてくれる場所でした。

スポンサーリンク

お茶を頂きながら、庭を眺めることも

さらには粋なはからいなのですが、セルフサービスでポットで紙コップにお茶をついで飲めるところがあります。

この間なのですが

img_0313

こんな庭を眺めながら、のんび~りお茶を飲めます。

周りには、何人か他のお客さんがいらっしゃるのですが、みなさん窓の近くには寄らずに、なぜかはじっこで、静かにみんなでこの庭の景色を分け合っていました。

もう、ここに住みたい!!

こういう庭ほしい!!!それくらいの財力ほしい!!!と思ってしまいました。

 

ほんとに・・・こういうの見ると、関東に帰りたくないなあ~って思ってしまいますね。

なぜ、瑠璃――ラピスラズリなのか?

瑠璃と言えば、ラピスラズリのことです。

img_0379

蒼い色の鉱石ですね。なぜ、緑色が映えるこの場所の名前を、瑠璃光院というのかというと・・・・。

img_0366

 

この庭の石が、ある気象条件がそろうと、瑠璃色に輝き、浄土を現すから、だそうです。

調べてみたところ写真はこんな感じ

かなり薄暗い色なので、晴れた日ではなく、雨で石がつややかにぬれた日、しかも、夕暮れもすぎ、日が落ちかける日なのではないかなあと推測します。

 

アクセス

瑠璃光院

〒601-1255 京都府京都市左京区上高野東山55

 

専用の駐車場はないです~!近くに、駐車場もありませんでした。

なので、叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」で降りていってくださいませ。

 

また、いつでも見られるわけではないです。春と秋のみ、限定公開している特別な場所です。

詳しくはホームページをご確認くださいませ。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

<その他京都関連記事>

徒歩で古都の夜景を一望しませんか。京都の大文字山が穴場スポットすぎでした

京都観光はくるま旅が別世界。車中泊の場所は道の駅駐車場がオススメ

 

スポンサーリンク

関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

IMG_1255

千葉県「沖ノ島」へ首都圏でプチ冒険に出かけよう。詳細とアクセス

首都圏でちょっとした冒険に出かけたいのなら、千葉県にある「沖ノ島」がお勧めです。 首都圏とは思えない澄んだ海水 私の実家は宮崎です。かつ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る