秋冬は風で物悲しい気持ちに。理由は分からないけど心に刺さる何か。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OHT96_higaochitasougenoki-thumb-1000xauto-15793

暑いほどじゃなくて、さむいほどじゃなくて、だからといってぬるくもない風が、秋や冬に吹く。

暑かった時期から、さむくなる秋。さむかったけれど、温かくなる冬。その境目あたりに吹く風が、私は好きだけれど、嫌いです。

 

理由はわからないけれど。

何て言えばいいのか、なんだかとっても、心がしめつけられる風。

 

長そでを着ているのに、こんなあたたかい風、というのはなんだか、かなしいものを思い出させる気がする。

私は小さいころ、腎臓病になってしまって、入院しました。そのせいか、しばらく体が弱くて、すぐに風邪をひいていました。季節の変わり目になると、いつもそう。

すぐに熱を出して、寝込んだ。

 

その時に母が、やさしく看病してくれたことを思い出す。

いつもは、2階の2段ベッドで寝ていたけれど、風邪を引いた時は、看病しやすいように、いつも1階の、縁側に面した庭が見えるたたみのへや。

 

布団をいっぱいかぶって、着こんで。でも、それじゃ暑いから、縁側の窓を網戸にして開けていた。

涼しいような、ぬるいような、でも身体は熱い。

母は、子どもたちが寝込むと、いつもメープルシロップと、すりおろした大根を絞った汁を混ぜ合わせた飲み物を持ってきた。

 

これが甘いのに、とてもからくて。

それを飲みながら、吹き付けてくる風。

 

母のやさしい笑い顔。

母のつくる、胃にやさしいあたたかいうめぼしのちょっと乗ったおかゆ。

何もかもが。泣きそうなくらい好きだった。

 

 

あの時も母は、ずっと無理をしていたのだろうか。

誰かに献身的な気持ちを注ぐたびに、注いだ分の見返りの無いやるせなさで、心を壊していったのだろうか。

 

私は、私たちは。

たぶん、母にその想いをちゃんと伝えることが出来なかった。

 

母は、いまはもう、あの家に帰ってくることはない。

借金をつくり、家をとびだし、宗教にはまった。

 

 

帰ったら、いつも笑って話を聞いてくれた母を、もうきっと、見る事はないのだと思う。

 

 

そんな状況を苦しいとか、つらいとか、かなしいとか。

そんな感情もうないし、なんとも思わないけれど。

 

ただ、この風は、どことなく、こころに、ささる。

スポンサーリンク


関連記事

    None Found







↓バナークリックにて、まとめページへ飛びます。↓ 5mail   5mail   5mail   5mail   5mail   5mail



関連記事

IMG_2377

徒歩で古都の夜景を一望しませんか。京都の大文字山が穴場スポットすぎでした

京都観光は、夜景を見るのがおすすめ、と言ったらびっくりですか? しかも場所は、大文字山から!あの五山の送り火で有名な大文字山、そこを上…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る